尿道炎になると頻尿になることがある

頻尿は、実は尿道炎が原因になっている場合があることを知っていますか。
尿道炎は排尿するための通り道である尿道に炎症が起こって出てしまう症状のことです。ほとんどが女性ではなく男性に見られる症状で、原因は細菌感染である確率が高くなります。
尿道に炎症が起こるのは、排尿する際に尿道に細菌が侵入することで感染症にかかってしまうからです。
これらの細菌の中には、腸内細菌の一種である大腸菌も含まれます。尿道炎を放置しておくとひどくなり、膀胱炎や腎盂腎炎を引き起こしてしまうかもしれません。
そのため早めの治療を心がけるようにしましょう。先ほど尿道炎は男性に多く見られる症状だと記載しましたが、これは男女の体の作りが違うためです。
男性の方が女性よりも尿道が長いために発症もしやすくなるという理由があります。
一方尿道が短い女性は、侵入した細菌が膀胱に届きやすいため、膀胱炎になりやすいのが特徴です。
では、男性に多い尿道炎はどのような症状が見られるのでしょうか。1つは排尿痛です。尿の通り道である尿道に炎症が起こっているため、排尿する際にしみることがあります。
また、炎症によって尿道から無色透明や緑黄色の膿が出ることも考えられます。排尿痛や膿は初期の症状ですが、さらにひどくなると尿道狭窄、また頻尿を起こす可能性もあるのです。
尿道から出た膿をそのままにしておくと、どんどん溜まってしまい、膿瘍につながるおそれもあります。
そうすると尿道にダメージを与えてしまうことになるので必ず治療するようにしてください。
しかし尿道炎とよく似た症状が見られるものに、前立腺炎というものがあります。前立腺炎も細菌が原因で起こるのですが、症状も頻尿、残尿感、排尿痛と、尿道炎の症状とよく似ています。
尿道炎、前立腺炎、いずれにしてもひどくなる前に対処が必要です。検査の方法はそれぞれ違うので、違和感を感じた場合は病院を受診するようにしてください。

女性は尿道が短いので膀胱炎で頻尿になる

以上のことから尿道が長い男性は尿道炎にかかりやすいことがわかりました。一方尿道が短い女性は膀胱炎に注意が必要なのです。
膀胱炎にはいくつかの種類があり、最も多いのが急性膀胱炎というものです。急性膀胱炎は、尿管から細菌が侵入することから始まります。
侵入した細菌は膀胱で増殖し、粘膜が炎症を起こすことで膀胱炎となるのです。
自覚症状はだんだん現れてくる場合といきなり現れる場合があるので注意してください。では、どのような症状が見られるのでしょうか。
その1つに頻尿が挙げられます。膀胱の粘膜に炎症が起こっているため神経は過敏になります。
神経が過敏になると尿意を感じるようになりますが、トイレに行っても少ししか尿が出ない、ということが特徴です。
それによって残尿感も感じることが多くなります。また、下腹部が重だるい感じになることもあります。生理痛とよく似ているため、見逃しがちになるので気をつけてください。
また尿道口の周りがヒリヒリと痛む場合やかゆみがあることも考えられます。さらに尿が白く濁ったり血尿が出るという症状があります。
白く濁るのは炎症によって白血球が増えて尿とともに排出されるためです。そして血尿はこれがひどくなった場合に見られます。
炎症を起こした患部から出血し、尿と一緒に血液が出るのです。デリケートゾーンは通常でもかゆみなどを起こしやすい部位なので、普段から清潔にしておくことが大切です。
では、膀胱炎を予防する方法はあるのでしょうか。手軽にできる方法として水分をたくさん摂ることがおすすめです。
膀胱に侵入した細菌を排出するためには尿を出さなければなりません。日頃から水分を多く摂り、尿意を感じたらがまんしないようにしてください。