医療機関での性病検査は婦人科か泌尿器科へ行こう

もしも、性病の症状があらわれた場合、医療機関を受診するにはどこに行けばいいのでしょうか?
デリケートな話題であるため、知り合いや家族に聞くことができない場合もあるでしょう。
性病の検査は、症状の説明と共に患部を見せなくてはいけない場合がほとんどです。
性病が疑われるのが女性の場合には、患部の診察ができる内診台のある、婦人科が良いでしょう。産婦人科となっているところでは、婦人科系の病気の方だけでなく、妊娠出産でかかる女性も患者に含まれます。
どちらでも、検査はしてもらえます。診察を行うためには、問診が必ずあります。恥ずかしいと思っても、正直に経緯や症状を医師に説明しましょう。

性病が疑われるのが男性の場合には、泌尿器科を受診するといいでしょう。泌尿器科には腎臓、尿管などの病気の女性もいます。
泌尿器科では、前立腺の病気でかかる方が多いので、高齢の男性が多いところもあります。
また、場所によっては、普段は性病の患者があまり来ないところもあるので、事前にホームページをチェックしたり、電話で確認するほうがいいでしょう。
性病患者の数が少ないと、すべての性病の検査ができない場合もあります。また、診察に慣れていないと、普通の病気とは違うので、余計な時間がかかってしまうこともあります。
どちらの科でも、初回に診察と検査をして、次回検査結果を聞きに行く。という流れになると思います。検査結果が陽性であれば、そこから、治療が開始されます。
検査結果が陽性だった場合には、必ずパートナーにも性病にかかっていることを伝えることが必要です。理由によっては、パートナーに言いにくい場合もあると思いますが、必ずパートナーに伝えましょう。
また、性病にかかっているかもしれないと思い始めてから、検査結果が出るまでの間は、パートナーとの性行為は控えたほうがいいでしょう。
もちろん、検査結果が陽性だった場合には、性行為はしてはいけません。治療をして、完治してからでないと性行為は行ってはいけません。

性病検査はパートナーと一緒に受けよう

性病かもしれないという思いがあった場合には、検査を行うことはもちろん大切ですが、パートナーに伝えることも、同じように重要です。
それはなぜかというと、パートナーに性病にかかった恐れがあることを伝えないままに、検査をし、治療をしたとします。そこで、しっかり治療すれば、自分は完治するでしょう。
しかし、パートナーが性病にかかっているかどうかはわからないままです。
そのままの状態で、自分の性病が治ったから、もう大丈夫だと思い性行為をしてしまうと、パートナーが性病にかかっていた場合、再度、自分にうつしてしまうことがあるのです。これをピンポン感染といいます。
どちらか一方だけが性病を治したとしても、ピンポン感染を繰り返していては、何度も性病にかかってしまいます。
これを予防するためには、パートナーにも、性病にかかっているかもしれないと伝え、パートナーにも検査を受けてもらうしか方法はありません。

言いにくいことだからと、パートナーに伝えることをせずにいると、また自分が性病にかかってしまいます。勇気をだしてパートナーに伝えるしかないでしょう。
そして、一緒に検査を受けてください。陽性だった場合には、しっかり治療しましょう。そうして、2人ともが性病にかかっていないと確信がもてれば、安心して性行為を行うことができます。
この過程は、安心安全なセックスライフを送るために必要不可欠です。今後の2人の関係を続けるためにも、頑張って真実を伝えなくてはいけません。
性病にかかってしまった恐れがある場合には、言いにくいことでも、必ずパートナーに伝え、一緒に検査を受けましょう。
パートナーと共に検査を受けない限り、安心安全なセックスライフは手に入りません。